ジパングカジノの出金上限について

投稿者:

ジパングカジノなどのオンラインカジノは、最小出金金額や出金条件がフォーカスされることが多く、出金上限についてはそこまで注目されることはありません。
しかし、この出金上限を知っておかないと、万が一ビッグウィンを獲得して、多額の配当金が出た際に出金できないということもありうるのです。

そういったこともあるため、今回改めてジパングカジノの出金上限についてまとめました。
それでは紹介していきましょう。

出金上限は毎月1万ドルと当月入金額

出金上限は毎月1万ドルと当月入金額
ジパングカジノの出金上限は、一言でいうと1万ドル+当月入金額です。
他のオンラインカジノと比較しても、そこまで定額ではありません。

しかし、極端に高額でもない金額です。
ここで注意すべき点として、他のオンラインカジノで設定されている1回の出金操作の上限額ではなく、その月の上限額という点です。

他のオンラインカジノでは出金上限額が決められているものの、場所によっては、何回も分けて申請をすれば上限が実質ないというようなものもあります。
こういったサービスを提供しているオンラインカジノがあるものの、一月に1万ドルを超えるような儲けを出して、出金することは比較的少ないので、実用的な範囲と言えます。

さらに、ジパングカジノは、1回の申請で1万ドルに達する出金を行ったら、丸1ヶ月出金できないというわけではありません。
月が変わるとリセットされるため、仮に月末に出金請求が1万ドルに達してしまうような請求をしても翌日、月が変わればその金額がリセットされるというのが特徴です。

そのため、実際に利用したとしても、そこまで上限額を気にする必要はないと言えます。
加えて、入金額が上限にカウントされないので、例えば1月に9,000ドル入金したとしてもボーナスのカウントなどがなければ1万9,000ドル出金することも可能です。

このように一見シビアに見えるジパングカジノの出金上限も、入金額がノーカウントになるので、意外とゆるいと言えるかもしれません。

出金可能額が上限をゆうに超えてしまった場合

出金可能額が上限をゆうに超えてしまった場合
ジパングカジノで大当たりを出して、万が一1万ドルをゆうに超えてしまった場合は、ジパングカジノの運営と相談して上限を超える出金を可能とすることもできます。

もちろんこういったケースの出金には条件があり、運営側の責任者であるカジノマネージャーと同意がある場合やジパングカジノを普段から頻繁に使いVIPプレイヤーという扱いを受けているユーザーは簡単に出金できます。

また、ジャックポットの大当たりに関しても、出金上限を超えて出金できる場合があるので、ジャックポットに関しては一般のユーザーでも1万ドルを超える出金が可能になります。

ただ、1ヶ月コツコツ儲けを出して、1万ドルを超える出金を申請したとしても、残りは翌月に出金請求するように言われる可能性が高いので注意しましょう。

高額出金は時期が大幅に遅れることがある

ジパングカジノも、ある程度資金力の限界があります。
さすがにギネス級のジャックポットの大当たりは、出金対応できない場合も否定できません。

ジャックポットのシステムを管理している企業に連絡して、プールしたお金を引き出す作業などもあるため、出金が非常に遅れる場合もあるのです。
また、現金ではなく、出金方法として指定されているエコペイズやペイトラといった電子マネー決済サービスで支払われるため、さらに時間がかかる場合もあります。

こういったケースもあるので、出金上限を大幅に超える出金に関しては、時間がかかると知っておくことが重要です。

ジパングカジノは日本語対応

ジパングカジノは日本語対応
出金の条件が、出金の上限を超えてしまう場合もまれにあります。
それは高額な入金を繰り返し、多額のボーナスを取得したために、出金条件がとても高くなってしまうケースです。

ジパングカジノは入金ボーナスを受け取ると、入金額の数倍以上の金額を稼がないと、出金できない場合があります。
少額の入金をしてクリアする分には、出金上限にかかる事はありませんが、まれに出金の条件が高額になりすぎるケースが見られます。

それは、頻繁に多額の入金を行い、ボーナスを長期に渡って受け取って、一切出金しなかった場合です。
こういった状態だと、出金条件が1万ドル以上の儲けになってしまっていることがあり、出金が難しいケースもあります。

こういった場合であっても、利益がそれを超えるようであれば、一度サポートに連絡してみるのがおすすめです。
ジパングカジノのサポートは24時間対応で、しかも電話やライブチャットにも対応しています。

さらに日本語対応なので、複雑な条件が重なったイレギュラーなケースを説明するのも簡単です。
もし出金でわからないことがあったら、今回紹介したややこしいケース以外にも気軽に質問してみるのがおすすめです。

きっと、何かしらの答えを得ることができるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です