ビデオポーカーのベーシックストラテジー

ビデオポーカー

ビデオポーカーとは、実際のカジノにも存在するゲームで、ビデオ画面に表示されたトランプを使ってポーカーで役を作るゲームです。
海外では非常に人気が高く、日本でもゲームセンターや喫茶店などに置いてあることがあります。その機種や、プレイする人の能力によって勝率は少しずつ変わりますが、払戻率が100%に迫る場合や、100%を超える場合もある。高配当のゲームですので、人気があるのでしょう。
しかし、感覚に従ってゲームをしていては、高いペイアウト望むことはできません。「ベーシックストラテジー」と呼ばれる基本戦術に基づいてカードのチェンジやホールドを行っていく必要があります。今回の記事では、ビデオポーカーにおけるベーシックストラテジーをご紹介します。

ビデオポーカーのベーシックストラテジーとは?

ベーシックストラテジーとは、「このような状況になったらこのように行動する」とあらかじめ機械的に全てのパターンにおいて次にとる行動を決めておき、ひたすらそれにしたがってゲームを進めていくという遊び方です。本人の感覚や、ゲームの流れなどは無視します。そのため、どうしても機械的になってしまいますが、確率論的に言えばもっとも、その方法が高いペイアウト出すことができる方法なのです。今回の記事では、ビデオポーカーの中でもっともポピュラーな「ジャックスオアベター9/6」についてのベーシックストラテジーを説明します。ちなみに9/6とは、フルハウスの配当が9倍、フラッシュの配当が6倍ということです。

ベーシックストラテジー

ベーシックストラテジーの考え方

ベーシックストラテジーは、細かく分ければ約18種類の状況別に、「何枚をチェンジし、何枚をホールドするのか」という交換方法があらかじめ決まっているものです。
しかし、その20種類の約束を構成する基本的な3つの考え方があります。それは、「最初に配られた5枚のカードに役があれば、それを生かす」「ロイヤルストレートフラッシュや、ストレートフラッシュが狙える場合だけ、最初の5枚のカードに役があってもそれをつぶしてロイヤルストレートフラッシュ、ストレートフラッシュを狙う」「役になっていないカードでも、ジャック以上のハイカードは交換せず、役につなげる」以上の3つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ネットカジノのビデオポーカーにおけるベーシックストラテジーの考え方が理解していただけたと思います。
この考え方に基づいてゲームを進めていくことによって、100%に迫る高いペイアウトを実現することが可能になります。機械的になるので面白くないと思う方もいるかもしれませんが、確率のゲームだとビデオポーカーを割り切って考えるのであれば、最もおすすめのプレイ方法になります。